予算に合ったデリヘルの利用法

椅子に座る女性

ホテルにデリヘル嬢を派遣する時は必ず交通費や部屋代が掛かるので、部屋代や交通費などのサービスには関わらない料金の事を考えながら総額を計算する事が大切です。自宅に派遣してもらう場合は基本的にサービス料と交通費しか掛からないが、遊ぶ場所に関係なく延長やオプションを申し込むと料金が加算される事を意識します。基本的にサービスが終了するまで請求されるべき料金を支払えば追加で請求されないが、延長などの料金が発生する場合に帰る前に別途で規定の料金を支払う事があります。
60分のデリヘルの基本料は激安店や高級店を除いて1万5千円程度で済む店が多いが、指名料や交通費などが含まれていない場合は数万円ほど用意しておく事が望ましいです。ボーナスが出た場合やネットで基本料を見て余裕が出た時点でロングコースを選んだり、高級のデリヘル店を選んでも構いません。料金的に余裕が出て贅沢なサービスを受けたい時には高級店を積極的に利用したり、予算に応じて有料のオプションを追加します。基本的に到着した時点で行うので、請求される時にお金が足りないという状況を避けます。
お金が足りなくて遊べない状態にならないようにネットなどを使って総額を把握して、スタッフに迷惑が掛からない状態で遊ぶ事に力を入れます。

ニュース

サブメニュー